不動産投資とは

不動産投資は売却して利益を得る方法と、人に貸して賃料を得る方法の2種類がありますが、賃料を得る方法の方が安定していると言えるでしょう。なぜなら、売却した場合に利益を得られるのは1度きりであるのに対し、人に貸す場合は長期にわたって継続的に収入が得られるからです。しかも、一度に手にする金額は売却した方が多くなりますが、長い目で見れば、人に貸す方が多くの金額を手に入れられる可能性は大いにあります。但し、人に貸して賃料を得る方法が成立するのは、借主がいればこそ成立します。ですから、収益物件は人が住みたいと思うような魅力的な物件である必要があります。しかし、いくら魅力的な物件でも、借主が見つからない可能性はあります。そもそも、この問題が生じてしまう根本的な原因は、収益物件が1つしかないことです。つまり、収益物件が1つしかなければ、借主がいるかいないか、どちらか一方になってしまうのです。ですから、複数の収益物件を所有していれば、この問題は回避できるのです。しかも、収益物件が点在しているのならば、問題が生じてしまう可能性は高くなると言えるでしょう。ですから、問題解決の最善策は、より多くの収益物件をまとめて所有すること、つまり、マンション1棟購入するということになります。

そんなの購入費用のことを考えれば、できるわけがないと考えてしまいますが、決してそんなことはないのです。中古マンションならば、当然、安い価格で販売されていますし、中には、1部屋購入するのと変わらない価格で販売されているものもあるのです。ですから、部屋数が増えたからといって、部屋数分の購入費用を用意する必要はありませんし、上手く行けば、1部屋分の費用で購入することができます。ただ、購入できたとしても、いかんせん安い中古ですから、収益物件として機能するのか疑わしいものです。しかし、リノベーションを施せば、瞬く間に優秀な収益物件に生まれ変わらせることは可能となります。リノベーションとは大規模な改修工事のことであり、リフォームのように設備等を新しいものに交換するだけではなく、間取りや水道の配管等も変更する工事のことを指します。こうしたことから随分と築年数が経過していても、まるで新築のような装いになるのです。